ピンキッシュボーテの気になる副作用について調べてみた

どんなにいいと言われているクリームでも、副作用があっては意味がありません。その点ピンキッシュボーテは安心と言われていますが、どうして肌に負担がかからないと言われているのでしょうか。

 

使用されている成分やその安全性から副作用をチェックしてみましょう。

 

 

→副作用の心配がなくて安心なピンキッシュボーテをチェック


体に優しい成分配合

根本的な疑問から解決しましょう。ピンキッシュボーテに副作用はあるのか。答えは「NO」です。基本的に化粧品に使われている有効成分や肌にもともと備わっている成分、自然由来成分しか使われていないため、肌に悪影響を及ぼす心配はありません。

 

そのため肌の弱い方や敏感肌の方でも使用することができると評判です。その理由を得られる効果から見てみましょう。

 

黒ずみケア効果

色素沈着を抑えるビサボロール、黒色メラニンを作り出すチロシナーゼを抑える加水分解コメヌカエキス、この2つの成分が肌に浸透して働きます。どちらも天然由来成分ですから安心です。

 

炎症ケア

炎症によって起こりやすい黒ずみをケアします。その為に使われているグリチルリチン酸ジカリウムは、ニキビケア化粧品の代表的な成分です。

 

潤いケア

肌に潤いを与えて乾燥を防ぎます。トリプルヒアルロン酸は肌の内部にある保水成分です。トレハロースは体の中に取り入れても問題ありませんし、セラミドはバリア機能を司る成分です。

 

 

さらに自然揺ら成分であるヒメフウロエキス、水溶性コラーゲンが含まれていますので、ピンキッシュボーテに副作用の心配はないと考えられるのです。

国が認めた有効成分配合

含まれる成分の内、水溶性プラセンタエキスとグリチルリチン酸2Kは医薬部外品として国から認められています。厚生労働省が法律で認めた成分ということです。

 

プラセンタエキスには美白効果があり、メラニンが作られるのを予防する、メラニンを排出する働きがあるとされています。さらにビタミン類やミネラル、アミノ酸、核酸に成長因子も含まれており、細胞の活性化が期待されます。

 

グリチルリチン酸2Kは甘草由来の成分です。消炎効果が認められており、抗アレルギー作用、抗炎症作用があると言います。国で認められている安全成分を2つ含んでいるのでやはりピンキッシュボーテの副作用はないと考えられるでしょう。

不安な方はパッチテストを!

さらに品質管理や安全管理は徹底されています。テストは何度も繰り返され、実感性をアップしました。さらに品質管理は公的機関認証を受けた工場で製造し、厳正な管理を行うことで保たれています。

 

ただし100%誰にでも安全と言うことではありません。どんな薬や化粧品、無添加商品でも、アレルギーのある方などは注意が必要です。アレルギー体質でどんなに安全と言っても使うのは不安と言う方は一度パッチテストをしてから使用してください。

 

パッチテストはガーゼにクリームをつけ、ひじの内側に10分間貼り付けておきます。はがした時に肌の色が変わっていなければ特に問題なく使うことができるでしょう。赤くなった、かゆみがあると言った場合は使用を中止してください。

 

基本的にピンキッシュボーテは妊娠中の方、産後の方も使用することができます。それだけ安全性の高いクリームですから、副作用の心配をそれほどすることはないのです。黒ずみが気になる方は試してみませんか。

 

 

→黒ずみが気になる方にお勧めのピンキッシュボーテはこちら

 

 

 

 

 

 

 

_